浮気調査

浮気身辺素性調査探偵ナビ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをきちんと話し合っておく事が重要です。

 

 

配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどをあきらかにしておかなければなりません。依頼している(期待している)内容によって、微妙に調査内容が異なってくるわけですから、大事なことです。現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。ちょっと気にかかることがあるから、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。
とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、はっきりとした裏付けをとるためにもやはりプロの探偵に依頼するのがおすすめです。婚姻中に不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、離婚調停が必要になる場合もあります。

 

家庭問題に慣れた複数の調停委員が同席して離婚のための意見調整を行うため、当人同士や親戚内で話し合うよりも解決に向けて進展しやすい点で頼もしいシステムです。
あまり怖がる必要はないでしょう。ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが少なくありません。

 

裏切っていることに対してあらためて自責の念を感じ、W不倫の現実に愛想がつきるということもあるようです。

 

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、今までの罪の意識も手伝って、別れることに積極的になるでしょう。

 

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で最も多く、説得力があるのが、浮気の事実が露見したから、ですね。そうはいっても素人にとって、不倫の動かぬ証拠を掴むことはそう簡単なことではありません。

 

 

 

どうしたって探偵事務所や興信所等に相談し、調査してもらうことにすれば、安全かつ堅実でしょう。

 

ただ、これは怪しいと気付くのはどうしても本人次第になります。

 

探偵を使い慣れている人っていませんよね。

 

配偶者の浮気で、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。
とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。
やはり安かろう悪かろうということがありますからね。

 

正式に依頼してしまう前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、しっかり確認しておきましょう。
僕の会社の後輩なんですが、彼が単身赴任中に妻が浮気していたとかで、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいと言っているのです。
わからなくもないですが、それにはお金がかかるものですよね。

 

 

 

ちゃんと浮気の証拠を押さえて相手には慰謝料を要求し、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。
戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。とても重要な手続きです。

 

 

 

なかなか認知されない場合、裁判にまで発展するケースもあります。
子供なんて出来てしまったら大変ですから、浮気をやめてもらわなければ家庭のライフプランが大幅に狂う被害も覚悟しなければなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫された事実に気づいたときは、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。
ただ、落ち着いてきてからで構わないので、どのように対応するか具体的に考えましょう。浮気なんていうものは、やってしまった人間が「有責」なのです。

 

 

気持ちの上ではわだかまりが残るとは思いますが、これまでの精神的な苦労への慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。浮気調査で探偵社を使うときは、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが料金請求時に安く済むでしょう。何もかも調査員にやらせようとすると、一から浮気の証拠を得るのですから時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。

 

 

 

そばにいれば気付くこともあるはずですし、とりあえず記録や観察に努めると良い結果が出やすいでしょう。
離婚すると、浮気経験のある親というのは子供の親権がとりにくいと思われているようです。倫理的に言うとそうかもしれません。

 

 

ただ、裁判所は違う考え方をします。
裁判上の親権の判定では、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性などを重くみる傾向があります。つまり、子供の生育に適した環境かを重視して判定するのです。
「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった根絶しがたい面を持っています。浮気が発覚して、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているおそれは充分あります。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、きっちり不倫の裏付けをとり、懲らしめてやるといいでしょう。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、いまは高性能GPSの利用が進み、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると調査対象の追跡性能がアップしました。最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ相手車両の発見は容易になりました。そんなGPSを設置できれば、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。
これから探偵業者を使おうと思ったら、まず、電話で相談しましょう。
それがファーストステップです。

 

電話口での相談で相手の応対を見て、さらに話を詰めたいと思ったら、営業所に行きます。その場で打ち合わせをして任せても良いと判断したところで契約し、調査が始まります。

 

婚姻中に不貞行為があったために離婚話がうまく進まず、家裁での調停に持ち込まれる場合もあります。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで公正な立場で解決へ向けて話し合うわけですから、夫婦やその関係者だけで話し合うよりソフトな雰囲気の中で話が進行する点で頼もしいシステムです。

 

気軽に考えていくのがいいでしょう。特に不倫調査なんて要らないと思われるかもしれません。

 

 

 

ただ、浮気というのは意外とあるもので、女っ気のない職場環境だろうと用心してかかったほうがいいのです。

 

 

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。

 

 

挙動が不審で浮気の疑いがあるなら、探偵事務所に浮気調査を依頼すれば、早くに不安感を解消できますし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

 

 

探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは浮気の行動調査ではないでしょうか。

 

ちょっと気にかかることがあるから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、幅広い調査に応じています。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが賢い選択でしょう。

 

不倫の証拠をおさえるための素行調査は、対象と近すぎる間柄の人が行うと、露見しやすいですし、もし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない可能性も否定できないのではないでしょうか。その道の専門家である探偵なら、最新の機材や相手に気付かれずに追尾する技術がありますから、自分や知人などが調査するより確実に証拠を集めることができるはずです。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。
認知してもらえれば子供のための養育費を請求できますし、長期にわたって影響の出る手続きです。
認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。そのような事態に陥る以前にどうにかして浮気を止めないと、いずれ大きな金銭的負担を被る危険性があります。

 

 

探偵社に不倫調査を依頼する際、個人情報をできるかぎり知られたくないと思う人はけして少なくありません。
最初の見積りのときは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんもかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。

 

 

 

しかし、いざ依頼するとなると具体的な契約を交わすわけですから、そこで必要な個人情報の開示は了承していただくほかありません。

 

私は31歳の自営業者です。

 

 

 

2年前に結婚した妻はひとつ年下で専業主婦をしています。私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、彼女の不倫がわかりました。こっちは怒り心頭なのに、バレたとき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。反省した気配もありません。
頭がパニックです。

 

 

妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。

 

謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが実に多いのです。

 

 

 

裏切っていることに対してあらためて申し訳ないという気持ちが生じたり、将来が見えない浮気という繋がりに愛想がつきるということもあるようです。

 

 

 

もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、以前からの罪悪感もあって、精算したいという気持ちになるようです。探偵社で働くには特別な資格は必要としません。

 

その代わり、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、一定レベル以上のスキルが要求されます。まともな会社は職員の教育には本当に熱心です。しかし一部の業者では1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともあると聞きますので、気をつけなければなりません。

 

金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。それが、結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。興信所に調査してもらい、不倫の証拠を見つけて浮気相手と別れさせたのにも関わらず、ふとした拍子に再々繰り返す場合があります。

 

連絡せず遅い時間に帰宅することが増えたり、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。その前の浮気に対する処罰が厳しさに欠けたことも要因なので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が必要なのではないでしょうか。

 

自分にとって良い探偵社を見つけようと思ったら、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に限って探してみると良いでしょう。
地元に精通していれば、それだけ仕事を有利に進められますし、報告の精度が増します。

 

 

調査内容いかんでは向き不向きもあるようですし、公式サイトや電話で話をして確認しましょう。もし浮気に気づいても、むこうの警戒心が高ければ、不倫の証拠を自分で見つけるのは簡単なことではありません。

 

 

 

でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と何かと便利に使えるでしょう。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、ちょっと頑張って探偵を頼んでみてください。

 

 

調査費用はかかりますが、浮気相手と出かけているときの写真等、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、その裏付けをとる必要があります。不倫行為の証拠といえば、やはり、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。

 

 

 

不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるなんて行為は、危険も伴いますし、その道のプロである探偵を利用することも検討するといいでしょう。

 

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。

 

 

 

簡単です。

 

 

遠まわしに探りを入れず、ただ質問するだけです。人間はウソをつくときほど必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。

 

 

それに、ちょっと聞いただけでまるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。やましいと思っているほど、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。
落ち着かず目を泳がせるので、見ていてよく分かりますよ。

 

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、明確な浮気の証拠をつかみ、不倫の慰謝料を求めるというのが最も効果的です。浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。

 

 

 

慰謝料請求という現実を見せることで、彼らがやったことの反省を促すことができるでしょう。

 

パートナーの不倫で悩んでいるなら、なにがなんでも探偵を頼むのではなく、そのような業者が行う無料相談を利用すると安心ですし、身構えせずに済むのでいいでしょう。

 

 

家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、信頼できるかどうかもわからない会社に調査を頼むなんていうのは、どうしたって不安なものです。そのような不安を少しでも減らすために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。

 

 

 

ほんの火遊びのつもりでも、された側にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

 

 

 

信頼を裏切る浮気を野放しにすることはできません。
浮気の証拠といったら、身近なところでケータイチェックでしょう。

 

 

 

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って連絡を取り合っている可能性は高いです。いざ探偵を頼もうと探してみると、想像以上の数が出てきて驚くのではないでしょうか。探すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてください。

 

 

 

ネットを活用すれば、各探偵業者の利用者のクチコミが出てくるはずです。
居住地の近辺で評判の良い会社を選び、話をすれば、調査を任せても安心でしょうし、不倫の証拠収集も期待できるはずです。浮気した伴侶への仕返しは、やはり、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、後はとことん締めあげてやるまでです。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や義理親や配偶者に知らせて、破壊の限りを尽くす人もいるとか。

 

職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、ろくな結果にはならないでしょう。
昔はどうあれ探偵事務所と興信所の仕事は変わりがありません。離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、あきらかに配偶者が不倫したという証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、その道の専門家に頼んだほうがスムーズに離婚できると思います。

 

また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も役立ってくれることでしょう。里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

 

 

浮気のきっかけになるケースが多いことが知られています。以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるので距離が一気に縮まります。もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにいままでと違った行動パターンをとるようになったら、ひょっとすると、浮気しているかもしれませんよ。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこでポロリと不倫が発覚したケースが増えています。もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。

 

配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料と言えるかもしれませんね。もし不倫をしているなら、相手の妻から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくる可能性はあります。普通、慰謝料で請求される金額は、先方が離婚するかどうかで当然ながら差があります。離婚に至っていないにもかかわらず非常に多くの慰謝料の請求があったら、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。

 

 

 

お客に内緒でいい加減な調査をしていても、気付かれることは殆どなかったからです。

 

とはいえ現在は、ウェブを見ればきちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかは利用者の口コミなどを見ればわかると思います。
代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、質と価格のバランスが良い業者を見つけるのは大事なことです。あきれた話なんですが、夫の浮気は初犯じゃなかったんです。独身時代からいままで、相手も複数。常習だったんですね。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、男の人の浮気ってどうして直らないんでしょう。許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる価値すらないような気がして、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。

 

 

 

要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。男の人のプライドを大事にして、妻としての外見への心配りも怠らず、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、いつまでも仲の良い夫婦でいられる(浮気なんてとんでもない)と考えています。

 

 

探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては気がひけることでしょう。

 

個人情報を伝えるのが嫌でしたら、匿名での問い合わせや相談に応じている探偵業者も最近は増えましたから、最初に匿名で話をさせてもらい、信頼できそうなところだと感じたら、個人情報を明かすこともできるのです。
地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ウェブで探偵業者について調べてみたら、けっこう業者さんって多いんですね。
比較のために何社か連絡してみたのですが、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に調査を依頼しました。

 

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。不倫をやめた原因としてやはり一番多い答えは、「ばれてしまったから」です。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではありませんから、最初から興信所や探偵業者などのプロに不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうのが効果も高いうえ確実です。とはいえ、不倫の気配に気付くまでは自分でやらなければいけません。探偵社の調査員になって5年目ですが、不倫の証拠集めには相応の経験とカンが要求されます。

 

それに、思いがけない展開でも、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、用心に用心を重ねるのは常識です。
対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

 

 

探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはないです。

 

全国展開している大手などではクレジットカードでの支払いに対応しています。
明細書の記載に配慮したところも多く、履歴から興信所や探偵を利用したことが気付かれる恐れもありません。クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、良い業者の目安ということにもなります。

 

 

 

配偶者の浮気の追尾調査等を興信所に依頼する時は、相応の額が必要です。

 

 

 

探偵の調査業務にかかる料金は、具体的には不倫の行動調査の場合、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいをみておくと良いでしょう。
調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、どんな調査でも概ね5、60万程度と考えておくと良いでしょう。

 

 

 

探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、金銭的にも時間的にも大きな犠牲を強いられることがあります。

 

 

 

相談に行っただけなのに事務所に足止めし、碌な説明もなしに契約を促したりする業者は要注意です。相談後、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみて間違いありません。普通の営業をしている探偵業者なら、けしてそのような行為はありません。
不倫は家庭も人も壊します。

 

 

 

そのような中で傷ついた人の心理カウンセリングを行う機関があります。

 

プロのアドバイスを受けつつ、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。

 

最も身近な人物に欺かれていたために、相手と別れても他人を信用できなくなったり、人生に希望を見いだせなくなるという相談もしばしば聞かれます。

 

 

また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリングが効力を発揮すると思います。

 

 

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。

 

夫は7つ年上で社宅住まいです。

 

しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、いよいよ離婚という運びになりました。親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと養育していく責任があります。
メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、間に弁護士を挟んで、浮気相手への慰謝料の請求と、夫への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。
話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

 

 

 

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。
相手が油断している間がチャンスです。

 

探偵業者に依頼して、配偶者の浮気の証拠をおさえ、慰謝料請求を送りつけることで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるというケースも多いです。

 

フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

 

相手にわからないよう後を追って、依頼された証拠を得るまで調査するのです。露見することはまずありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておく必要があります。

 

 

 

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。

 

 

 

これから探偵を雇うつもりでいたら、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用というものを調べておかないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間の調査で2万円超は考えておくと妥当だと思います。
たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、依頼者の費用負担は増加するため、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。人妻って浮気しないものだと思っていたのですが、先日同級生と久々に会ったら、奥さんが浮気していて、裁判でその男を訴えたいのだそうです。結構マジメな話です。わからなくもないですが、それにはお金がかかるものですよね。
浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、慰謝料を求めたうえで、交際も接近も徹底的に制限すれば良いのではと提案してみました。

 

 

配偶者の浮気がわかったら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。ことによると裁判に発展するでしょうし、弁護士を頼んで無難なところでまとめあげてもらう方が良いかもしれません。

 

 

個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査を依頼することはできないので、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。

 

 

 

オトクを重視して調査員がアルバイトなんてところに当たったら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいでお金を溝に捨てるような事態になる危険性もあります。

 

 

困ったことにならないためにも、依頼前に情報収集を行い、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。興信所や探偵選びで迷ったら、調査相手には行動範囲があるわけですから、地域を頭の隅に置いて、ネット検索すれば会社の数は限定されます。クチコミなども参考にして選んだら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、依頼したい旨を伝えてみましょう。

 

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、誠実そうな会社かどうかもわからないです。
電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、請求トラブルに発展することがあります。というのは、最初に出してもらった金額のほかに諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、途中で契約解除を申し入れると、キャンセル料をとられることがあります。やはり、契約前にきちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。

 

もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、それは大きな間違いです。

 

この二つには大きな違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。
様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業となると、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届を含む書類一式を提出し、探偵業届出証明書の交付を受けなければ営業することはできません。
きちんとした法律に定められているくらい高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。